「アソビーノスコープ」では、時にまじめに、時にはゆるりと 風俗に関する時事ネタや裏事情など、知りたい情報を追っかけます。
会いにいきます、待ってて韓流美人ちゃん
韓国の風俗をとことん遊びつくす男2人旅
~Vol.3~
韓国風俗旅行レポート第3弾! 今回は旅のラストを締めくくるべく、人気の按摩店へ! そこでは思いもよらぬ事態に直面し、驚きつつも大興奮しちゃいました。韓国風俗最高!

【アソビーノ初!! スマートフォン対応の新しいリーダーでゲーム感覚でアソビーノスコープを読める➝コチラをクリック】

※PC環境だと正常に作動しない可能性があります、ご了承ください。
▲年越しのカウントダウンを過ごしたカジノ入り口。煌びやかな雰囲気の中、多くの人が集まり大盛り上がりだった。
 
楽しかった旅もあっという間に最終日
ラストを締めくくるべく人気按摩店へ
 「紅白」を見るでもなく、ましてや「笑ってはいけない」を見るでもなく、お隣り韓国でめでたく新年を迎えたオイラと友人。大晦日の年越しまで残り数時間前というときに、韓国版ソープランドである按摩(あんま)で遊んだのが前回のお話。今回は韓国風俗レポート第3弾にして、最終回。気持ちよ~く締めくくってイキましょ!

 ちなみに年越しの瞬間はソウルのカジノにいた。セクシーなお姉ちゃんたちによるダンスショーなどがあり、大盛り上がり。近くでショーを見ようと押し合う男たちをかき分け、バッチリ最前列で撮影しておいた。ついさっき風俗でたっぷり遊んできたというのに、ムラムラしてしょうがなかった。

▲K-POPの音楽に合わせてセクシーダンスを披露してくれたお姉さまたち。カメラを向けるとニッコリ手を振ってくれた。
 そんなこんなで、1月1日、お正月。といっても街に門松などがあるわけもなく、まったく正月ムードがない。近くの食堂で名前の知らない料理とキムチを食いながら調べたところ(めちゃくちゃ古びた建物だったのにwifiはビンビンに入ってた)、韓国では中国と同じように旧正月に伝統的な行事があるという。12月31日まで普通に仕事があって、1月1日だけ休み、2日は仕事って感じらしい。今年の旧正月は1月25日で、1月24日から1月27日まで祝日となるようだ。

 ということで、正月だからお店とか色々閉まってそうと心配していたのだが、何の問題もなし。もちろん風俗店もばっちり空いていた。

 1月1日は、せっかくだからカジノも楽しもうと風俗遊びをお休みしてバカラ、ブラックジャックでひと勝負。1日かけて微勝ちという結果に終わったのだが、ギャンブルしながらスマホで風俗情報もしっかりと調べておいた。

 翌2日。日本への帰国は1月3日の早朝。ということで、この旅最後の風俗遊び。選んだのは地下鉄の駅三(ヨクサム)駅近くの按摩店。とにかくめちゃくちゃ評判が良かったのだ。ちなみに駅三(ヨクサム)駅は、前回行った宣陵(ソンルン)駅の隣である。

 恒例となった風俗前の腹ごしらえは、ソルロンタン。じっくり煮込んだ牛テールスープにご飯を入れて食べる、韓国人のソウルフード(……ソウルとソウル(都市)をかけたワケでは決してない……)。スープ自体は薄味なので、塩やキムチで好みの濃さに調整するのだ。これがかなりウマい。九州人に分かりやすく例えると、「うまかっちゃん(インスタントラーメン)」のスープみたいな感じかな。あのスープにご飯いれたらめちゃくちゃウマい。あれ? もしかしたらソルロンタンよりうまかっちゃんの方がウマいかもしれない。

▲1人前700円から。写真は少し高めの900円で肉が多めに入っている。旨っ!
 腹を満たしていざ最後の風俗へ。駅三(ヨクサム)駅に降り立ち、調べておいた地図を見ながら歩く。すると目の前に、左側に矢印を向ける「massage(マッサージ)」の文字。ここだ。

▲遠くからでも目立つ黄色い案内印。周りは喫茶店や食堂が立ち並んでいたが、一番主張していた。
 左を見るとゆるやかな坂になっている。按摩店は、ここを登り切った先にあるようだ。

▲ワクワクしながら登る。両脇にあるお店は飲食店で、店員や客からジロジロと見られた。
 按摩店の建物はシックな感じで、言われなければここで風俗遊びが出来るなんて思いもしない落ち着いた感じだった。

 中に入ると、受付に女性。ありがたいことにこのママさん日本語がペラペラ。しかもチャキチャキした感じでめっちゃ面倒見が良さそうな感じ。「おばさんにすべてまかせなさいよ~」って雰囲気で安心感がハンパない。

 システムの説明を受ける。前回行った按摩店と同じくこちらもノーマルコースとクラブコースがある。ノーマルは1対1の通常サービスで、クラブコースは最初に複数の女性とのハーレムプレイが楽しめる。さらには他の客のプレイも見ることができる激熱なコースだ。

 このお店にはもうひとつコースがあって、それがマッサージ。専門の資格を持つマッサージ師(おばちゃん)によるガチマッサージがエッチの後に受けられるというもの。30分でサクッとエッチして60分のマッサージ。これで2万円。プラス1千円でマッサージ師による手コキも付いてくるらしい。

 実はこのお店を選んだ理由はこれで、友人がこのコースに惹かれたのだ。オイラはクラブコースをチョイス。前回めちゃくちゃ楽しんだものの、他の客の絡みをほとんど見れなかったのでリベンジだ。お値段は60分2万4千円。

 前回のお店ではダメだったのだが、このお店ではクレジットカードの使用がOKだった。ただし手数料が3千円ほどかかる(ここまで出て来た日本円を10倍すればウォンでの値段となる。手数料は3万ウォンだ)。

 料金を支払い、ソファーがある隣の部屋へ。そこで好みのタイプを聞かれる。友人は胸に膨らみを作る動作をしながら「ビッグ!」と伝える。

 オイラはスレンダー、長身と伝えた。「まかせて」と言いながらママさんに浴場へと案内された。

 韓国の按摩店は、銭湯のように客は同じ場所でシャワーを浴びる。そしてガウンに着替えて専用の待機室で呼ばれるのを待つ。

 風呂を上がって10分ぐらいすると、スタッフからお呼びがかかった。どちらが呼ばれたのかなと思っていたら、オイラと友人どちらもだった。

 スタッフの後ろについていきドアを開けると、目の前に6人の女性。「こんにちわ~」と日本語で近寄ってくると、オイラに3人、友人に3人ついていきなりのプレイスタート! 

 あれ? マッサージコースを選んでいるのに、なんで目の前で友人がフェラされてんの?! と驚く間もなく3人の女性に唇を奪われるハーレムタイムに突入だ。

 ちょっぴりシャイボーイである友人も、最初は顔を向こうに向けて恥ずかしそうにしていたのだが、意を決したのか両手でおっぱいを揉みまくっている。

 ベッドに腰かけているオイラにも、ひとりがフェラ。両脇がダブル乳首舐めという、おそらく4Pでのスタンダードなサービスを堪能。

 店内にはノリノリのクラブミュージックがかかっていて、ちょっとトランス状態に突入しそうだ。

 プレイは続く。顔をあげると、友人にゴムが装着されていた。そのままバックの体勢になり、フェラをしていた1番巨乳の女性に突撃! 

 その女性はオイラのほうに近づいてきて、友人の腰つきを見せつけるようにする。友人の腰振りに、目の前でオッパイがプルンプルンと揺れていた。やばい、これは興奮する!!!

 必死で腰を振る友人は、興奮と照れが混じったなんとも言えない表情を浮かべていた。こんな顔を見るのは初めてだ。思い出すだけで笑いが出る。

 一方、オイラのほうにも、ゴムが装着された。そして、フェラをしてくれていた女の子が抱き着くようにして跨ってきた。

 このときじっくりと顔を見た。マジでめっちゃくちゃ可愛い! オイラについている3人の中ではもちろん、友人についている3人よりも。マジでダントツ。顔はキュートで色白スレンダー。笑った顔が可愛くて愛嬌も最高。しかもちょっと日本語を話せるというスペシャルっぷり。この旅どころか、オイラの風俗人生でも最上位クラスだ。

 これは一切の誇張表現ではないと断言しておく。とんでもなく可愛かった。アイドル級とは彼女みたいな子を言うのだろう。

 ちなみにプレイを終えた後、友人からも「あの子可愛すぎじゃない?そっちと遊びたかった」と言われた。さらに追記しておくと、友人は帰国して1週間後、再び2泊3日の韓国旅行に行ってその子と遊ぶという性豪っぷりを見せている。

女の子から3Pしないかと驚きの提案!
もちろん即答でOKしてパーティータイム
 このとき他の客はまたしてもいなかった。だが、クラブシステムの醍醐味を、友人と共に味わうという予想外の展開に。客がいなかったので、ママさんが気をきかせてくれたのだろうか。

 先に友人が巨乳の女の子とベッドルームへと移動した。といっても仕切りはないのでまる見えだ。

 オイラはその後5分くらいハーレムを楽しみ、ダントツナンバー1の女の子、ホギィちゃんとベッドルームへ移動した。友人のベッドとは7、8メートルくらいしか離れていない。

 ホギィちゃんに、日本人はよく来るのか聞いてみた。 「日本人、まいにちいっぱいくるよ」とニッコリ。話しているときも常に密着していてラブラブモード。

 ほんと最高の接客だ。ホギィちゃんに促され、ベッドルームの横にある簡易的なシャワールームへ。防水タイプのマットがあり、そこにうつぶせで横たわる。

 するといい香りのするオイルを全身に塗り付けられ、ホギィちゃんのカラダを使ってマッサージ。Cカップくらいの綺麗で柔らかいオッパイの感触が気持ちいい。

 そんなとこまで舐めるの?! と驚いてしまうくらいケツの穴までベロンベロン舐めてくる。すっごいサービス。

 仰向けになると、エロそうな表情を浮かべながらヌルヌルと体を重ね合わせてくる。肌がスベスベでめちゃくちゃ気持ちいい。

 マットに寝ころんだまま、シャワーをかけられオイルを綺麗に洗い流された。タオルで体を拭いてもらっているとき、友人がスッキリした顔で部屋を出ていくのが見えた。これから本格的なマッサージを別の部屋で受けるのだろう。

 オイラはベッドに移動する。するとホギィちゃんから「3Pは好き?」と言われた。え? 3P? ウンウンとうなずくと、「今から3Pも出来るよ」と言われた。あと20分くらいあるらしい。いくら? 

 すると部屋に備え付けてあった電話で、おそらく受付と話し始めたホギィちゃん。受話器を置くと「80万ウォン♪」と笑顔。

 8千円。いや、これはたぶん安い! 全然OK! 即答する勢いでお願いすると、再び電話。1分くらいでもうひとり女性が入ってきた。

 褐色の肌にグラマラスなボディー。クラブが好きそうな情熱的な雰囲気の女性。顔は映画コメンテーターのリリコを少し薄くしたような感じ。美人だ。

 ふたりのフェラからプレイはスタート。ホギィちゃんは優しくねっとりとしたフェラ。対してリリコは激しく上下にジュボジュボとすすりあげる。

 リリコにフェラをまかせてホギィちゃんは、オイラの顔に跨ってきた。無味無臭なアソコを舐めると、ホギィちゃんは可愛い顔でアエギまくり。リリコもその声を聞いて、フェラのスピードを上げてきた。

 あまりに強力なバキュームにイキそうになってしまう。そう告げると「まだいっちゃだめ!」とホギィちゃん。リリコはフェラをやめ、Tバックを脱いだ。そして四つん這いの体勢になると、自分でアソコをイジリはじめてアエギまくり。とんでもないエロ女だ。

 ホギィちゃんはゴムを取り出してきて、オイラのチンコに装着してくれた。そのまま誘導されて四つんばいになったリリコに、後ろから突撃! 

 より大きな声でアエぎまくるリリコ。ホギィちゃんは、オイラにキスしたり首筋や乳首をベロベロと舐めまくっている。

 まさに天国。洋物AVで見たような感じ方で悶えるリリコに再び「イキそう……」と声を漏らすオイラ。するとホギィちゃんから「まだ私してないよ」とめっちゃ可愛い顔で言われる。

 器用にゴムを外し、新しいものを装着。ホギィちゃんはベッドに寝転んで正常位の体勢に。リリコに後ろから抱き着かれながら、ホギィちゃんに突撃した。

 可愛い顔が恍惚の表情を浮かべている。最高という言葉以外出てこない。オイラはホギィちゃんの中に果てた。

 3人でシャワーを浴びる。リリコは日本語が話せないが、ホギィちゃんが通訳してくれるので、3人でちゃんと会話ができた。本当に濃密な60分。これが追加料金含めて3万2千円だ。安すぎない?

 プレイルームを出て、服に着替えた。90分コースの友人を待機所で待つ。30分後、大満足の表情で出て来た友人と合流した。

 しっかりとマッサージ師に手コキをしてもらったそうだ。しかもおばちゃんと聞いていたら、30代後半くらいのむっちりしたエロい女性だったとか。オッパイも揉ませてくれたらしい。満足してくれたようでこちらもひと安心。いったんホテルに戻り、再び近くの居酒屋風なお店で今日の感想を話しながら、一杯。こうして韓国最後の夜は更けていった。

 楽しい時間はあっという間に過ぎて、帰国のとき。まだまだ遊びに行きたいお店はたくさんある。調べれば調べるほど、どんどん情報が出てくるのだ。また絶対に遊びに行こうと思う。これを読んでくれた人も、ぜひ韓国風俗を体験しに行ってみてほしい!  


 
 とまあ、こうレポートを締めていたのだが、3月中旬現在ちょっと状況が変わってしまった。新型コロナウイルスである。現在世界中で大流行しており、入国制限やビザの取得、2週間の隔離などとても旅行するような状況ではなくなってしまった。再び楽しい旅行に行けるように、早期解決を望むばかりだ。

 
 

福岡風俗ニュース アソビーノスコープトップへ
「ただいま待機中!」
今すぐ遊べる女の子! 一覧 ▶
せれな [26歳]
T:160 B:90(F) W:61 H:89
ナチュラル8エイト【デリヘル】
2020/07/03 00:34

みおり [27歳]
T:162 B:108(I) W:63 H:93
ナチュラル8エイト【デリヘル】
2020/07/03 00:34

ななせ [22歳]
T:154 B:80(B) W:55 H:79
ナチュラル8エイト【デリヘル】
2020/07/03 00:34

アソビーノ モバイル